語り場ガイナビーツ

色々と思った事とか、感動した事を興奮気味に書いていく。そんな場所です。

シンカリオン考察 キトラルザスについて

第44話にて明かされたキトラルザスの情報から自分なりにキトラルザスに関して考察していきたいと思います。

 

1:キトラルザスの生命

まず、キトラルザスの生命の概念についてです。本日放送の44話にてエージェント・ゲンブが石化、活動不能となりました。これでビャッコに続いて二人目の石化となります。さらに、エージェント達をとりまとめるドクター・イザも半石化状態です。この石化について、劇中では「石化=死」のような描かれ方でしたが、実際の所は違うのではないかというのが私の個人的な意見です。

 

今までの回を振り返っても、そもそも現代の事を知らないどころか、戦国時代の事まであまり詳しくない所を見るとエージェント達はかなり長い間地下世界に居た様子。これらの事から、彼らは長命であると推測できます。そしてヒュージタートルの例から考えるに、キトラルザスの文明が少なくとも人間が生まれる前からあったことは確かです。そして現代に至るまで種を存続させ、科学を進歩させて黒い粒子を作り出したり、巨大化できる能力まで獲得しています。しかし、その発展もかなり前に止まっているようです。

 

その証拠として前述のヒュージタートルが挙げられます。なおかつゲンブが弱点を知っていたということはキトラルザスの間ではよく知られた怪物体。となるとヒュージタートルは昔からエージェントが使役する怪物体だったと思われます(ビャッコが使っていた怪物体も同様です)。加えて、ヒュージタートルを差し向けたソウギョクが考える「強い生き物」というのは中生代の生物。更にトラメが考える兵器とは土偶型のファーストエネミー。最新の技術やモチーフとは無縁のもので、現代の認識とはズレがあります。

 

2:石化の意味

では、どうしてその長命を実現できたのでしょうか。彼らの中でも特に不可解な現象、「石化」からその答えを考えてみます。

 

キトラルザスの体は有機体と無機物が融合したような体と思われます。セイリュウやスザクを見てわかるように、彼らは人間の体と同じようでありながら、石のような物があちこちにくっついています。そして44話のゲンブを見てわかるように心臓部が石です。この有機体と無機物の組み合わさった体は老化のスピードがとても遅いと考えられます。風化はしても腐ったり老化しない石は体を長期間維持する都合の良い素材だからです。(有機体と無機物の組み合わせの肉体で石であると推測できる描写として、ゲンブの食事シーンで歯が肌と同じグレーだった事や、カイレンの肌のひび割れが挙げられます。)

 

そして更に石化という形で仮死状態になる事で体の機能を延命させられる構造だとしたら、何万年という長い期間を生きることができるはずです。しかもこの仮死状態を、周りの環境が自分に適したものになるのを待つのではなく、周りの環境に自分が適応するように作り変えるためだとすれば、更に延命が可能となります。この進化によって獲得されたのが食事を必要としない肉体でしょう。

 

しかし問題があります。それは、本来であれば(何年周期かはわかりませんが)周期的に訪れる自己進化と延命のための仮死状態への変化が、外的要因で引き起こされた場合です。つまり命の危機に晒された場合。この時に緊急脱出のような意味も込めて、仮死という形で体の修復を行うとすれば使用するエネルギーが最小限で済む石化は非常に都合がいいと言えます。しかもダメージを受けてから早い方がダメージの深刻化を防ぐこともできるから都合がいい。ここからが問題の部分。死なない代償としてとても長い時間がかかってしまう事。かなり長い期間、完全に動けなくなってしまうのです。

 

ですが、ドクター・イザの石化は非常にゆっくりのようです。おそらくこれが通常の石化。これが老いを修復するために行う周期的な石化と考えられます。恐らくイザ自身やビャッコ達が危惧しているのは、この石化でカイレン達を抑えられる人物がいなくなる事でしょう。逆にカイレン達はそれを狙っているとも言えます。

 

3:カイレン達が「戻ってきた」

とすると、「戻ってきた」「帰ってくる」と形容されていたカイレン達についてもわかるように思えます。簡単に言えば、カイレン達は「石化を終えた」エージェントなのです。

 

ただ、石化していた期間がズレているようで、カイレンとソウギョクが周期的石化、トラメが緊急の石化の様子。トラメは10年前に一度地上侵攻を行った際に、ファーストエネミーごとシンカリオンに倒され、死にかけたことで石化。それより前に石化していたカイレン達は周期的なものだった為、人間に関する情報がかなり前の時代で止まっている。トラメとカイレン、ソウギョクの登場にタイムラグがあったのはこれが原因と考えられます。

 

ここから、キトラルザスの弱点がわかります。それが2で述べた一度石化するとすぐには起きられない事。恐らく、ゲンブやセイリュウが傷を癒すために入って眠ったカプセルはその弱点をクリアするためのものだったのではないでしょうか。傷だけを治して自己進化と延命はしない事で時間短縮。非常に都合が良いです(それでも傷の回復には時間がかかるようですが)。

 

 

 

という事で、本編から推測できるキトラルザスについての考察でした。いかんせん公開されている情報が断片的で、分からない事だらけなのですが、恐らくこうなのではないかなと。今後の展開で謎が明らかになっていく事を期待したいと思います。

 

 

 

 

 

 

ここ最近のマイブーム

すっかり秋めいて肌寒いどころか寒い日が続く今日この頃。残暑が厳しくなるかと思いきやそうでもなく、異常気象が叫ばれるかと言われればそうでもない。「平年並み」とかいうわけのわからん言葉で括られそうな10月ももう下旬。早いものです。

 

そんな10月はなんだかんだと買い物してばっかりでした。シンカリオンとかRKFシリーズの仮面ライダーゲイツとか戦車のプラモデルとか。とにかく買い物。なんなんでしょうね。

 

で、人生初のタミヤMMに挑戦していたこの2週間程。初めての戦車に選んだのはアメリカ軍のシャーマンイージーエイト。一旦全部組んで、スプレーで塗って、車外装備品を筆で塗って、最後につや消しクリヤー。汚しとかはしないで新車同様の綺麗な状態で完成させました。

 

因みに今は西ドイツのレオパルドを製作中。とりあえず組み終わってスプレーで全体を塗る所まで来ました。塗り残しを無くしていきつつ、あとは車輪を塗ったりスコップを塗ったりしていく予定。

 

何故かガンプラ以外のプラモデルを作るように心がけていたここ数ヶ月(恐らく一年近く)、ようやっと自分の組みたいプラモデルに出会えた気がして嬉しくなってます。HJのタミヤMM特集も買ったし!まぁ楽しい楽しい。

 

ただ、レオパルドはちょっと古いキットなのか組みにくい所が色々あって苦戦しました。砲身を奥まで差し込まないで接着しちゃった所為で切って詰めなきゃいけなくなったり、手すりみたいなのが上手くくっつかなくて調整しなきゃいけなかったり。でも色を塗ったらかっこ良くなったので一安心。(因みにシャーマンは後ろ片方のホイールの軸を折るハプニングが起きてます)

 

シンカリオンは最終商品が出たし、ライダーはそんなに力を入れずに集めるつもりだしで、おこづかいに余裕が出たのでまた色々買って作ってみようと思います。作ろうタミヤのミリタリーモデル。

 

ジオウについての考察

毎週毎週巧い脚本と演出で魅せてくれる仮面ライダージオウ。そんなジオウは時間をテーマにした作品という事もあり、タイムパラドックスを扱っています。


基本プロットの最悪の未来を変えるため、現在と過去で起こる事件を解決していくというのは電王に近いものを感じます。そこに今までの平成ライダー達「レジェンドライダー」の要素を入れたジオウは平成ライダーファンには嬉しい演出や展開が満載で飽きさせません。

 

 

1:ジオウのしてる事

そんなジオウの中で解釈が難しい部分があります。それがライドウォッチによるライダーの力の継承です。


2018年に現れたアナザーライダー。彼らアナザーライダーとその裏で暗躍するタイムジャッカーの陰謀を阻止するべく、ソウゴ達は事件を追う。

その過程でレジェンド達と直接又は間接的に関わることとなり、レジェンドの力が収められたライドウォッチを貰う(返却される)

アナザーライダーの「本体」はそのレジェンドライダーの戦っていた時代に行かなければ完全に倒せないため、過去の時代へ飛ぶ

過去の時代でライドウォッチを使い、アナザーライダーを元となっているライダーの力で倒す

これにより偽りのライダーであるアナザーライダーは消え、レジェンドの存在はライドウォッチとなる。結果レジェンドは消え、ジオウがそのレジェンドの力を受け継ぐ。(18年に返却されるライドウォッチをここでレジェンドに渡す)

 

 

2:おかしい部分

ざっくり解説するとこうなる訳ですが、なんか引っかかる部分があります。それが最後のレジェンドライダーが消える所。ここで

・レジェンドが消えても過去の作品全てに最終回が存在しているのは何故か?

・レジェンドがいないのに世界が存続できているのは何故か?

以上2つが疑問として浮かび上がります。


もし、レジェンドが完全に消えるなら物語はどうなるでしょうか。

 

まず時系列で仮面ライダーの世界がつながっているとするならば、そもそも18年があんなに平和な筈がありません。00年冬にン・ダグバ・ゼバによるザギバスゲゲルが実行されているからです。ザギバスゲゲルはリントの大量虐殺を目的としたゲゲル。クウガが存在しないとなれば当然グロンギ達は滞りなくゲゲルを進め、ゲギザギバスゲゲルも終えるでしょう。そして勝ったゴ集団のグロンギがダグバに負けて最後のゲゲルが決行される。


この時点でそもそもソウゴが生まれる事がありません。究極の闇をもたらす者の出現はソウゴの誕生に関わる運命を作る人をも巻き込む可能性があるからです。それよか01年からのレジェンド達の命も奪うかしれない。


「そんなことは無い。だってまだソウゴはクウガの時間に行ってないじゃないか」


と思っても、00年にソウゴ達もしくは別の存在が現れクウガライドウォッチを手に入れている事は確実な訳で、18年に返却されるのはタイミングの問題です。結果としてウォズが言うように「全ライダーの力を受け継ぐ」事になるのは確定しています(6話の時点では)。つまり既にクウガからビルドまでのライドウォッチは18年に全て存在していて、確実にクウガも歴史から消えている事になる。それなのに18年が平和なのはどうも辻褄が合わない。


スウォルツも言っていますが結末は確実にオーマジオウへと向かっています。ツクヨミゲイツが18年にいる時点でそれは確定です。2068年が破滅の世界だから二人ともソウゴを止めるために18年まで来たわけで。そもそもオーマジオウが誕生しないなら二人とも18年に居ないですし。つまりジオウがオーマジオウにならないと決まった時点でツクヨミゲイツは消える事になります。なので全てのライドウォッチは1個も欠けずに存在している。

 

3:変わる過程

ではライドウォッチを手に入れてライダーの力が消えてもソウゴが無事に育ち、オーマジオウが生まれる未来が整うにはどうすればいいでしょうか。


答えは簡単、ライダーの力を失ったレジェンドがもう一度力を手に入れればいいんです。


つまり、ジオウによって失った力を取り戻すエピソードを追加すれば良い。ビルドの場合は消えた2個のビルドドライバーやクローズドラゴン、3つのフルボトルをもう一度作る。エグゼイドの場合は適合手術を受けるか真実を知る。と言う事になります。


という事はつまり、話の展開が変わってきます。戦兎は失われたビルドとクローズの力を取り戻す過程でパンドラパネルを調べるうちに新しい技術(恐らくスクラッシュドライバー)に気づくだろうし、永夢はバグスターウイルスの最初の感染者である事に気づくタイミングがとてつもなく早い段階で訪れます。


クウガも同様です。クウガの力がライドウォッチに取られ、機能停止したアマダムの影響で雄介の体は恐らく仮死状態になるでしょう。そこで蘇生のために関東医大に運び込まれればそこで金の力の元になる電気ショックが行われる筈です。更にギノガでやられた時にも電気ショックが来ますから結果としてクウガのパワーアップのスピードが上がる事になる。


このように最終回に至る過程がかなり大幅に改変される事になりますが、こうすれば世界は守られ続け、ライダー達は戦うことができます。結果としてソウゴは無事18年まで生きられる。68年にオーマジオウも誕生できるという訳です。


ただリスクが潜んでいるのも確かです。結末に至る過程が変わった事により、最終フォームの段階がもう一つ増えたり(簡単に言えばハイパームテキの上、ビルドジーニアスの上)、最終回に出てくる敵が変わる可能性もあります(エグゼイドの場合、大幅に展開が早くなるため、ゲムデウスではなくゲンムlvビリオン等が最終回に登場する可能性がある)。

 

4:まとめ

ということで結論としては

 

レジェンドライダーの力は消えるのではなく一時的に消え、それによって一部歴史が変わる。」

 

というのがジオウのライドウォッチとレジェンドライダーとアナザーライダーの関係に関する考察です。これからの展開でどうなっていくかはわかりませんが、とりあえず6話時点ではこの考え方で見ていこうと思います。

 

海の向こうのゴジラ

命に関わる暑さが続くこの数週間ほど。汗だくになりながら生活してます。バイト先で汗ダラダラ。帰ったら即シャワー。そんな生活を楽しんでます(もうちょい暑さ抑えめがいいけれど)。

 

さて、アメリカ製作のゴジラシリーズの2作目の予告編が公開になりましたね。ツイッターでは絶賛のコメントが多いこの予告編。今回はこの予告編について書いていきます。

 

 

 

まず予告を見て感じたこと。

 

「ヌルい」

 

あくまで個人の感想な上、本編も未公開ですから当然この段階で評価なんてするべきじゃないのは承知の上。しかし、それでも言いたいのはヌルいということ。

 

最初に、全体的な画面の暗さ。これが一番ヌルいとこ。わざわざ暗雲を立ち込めさせなくていいし、竜巻も雷も必要ない。怪獣と一緒に自然災害を起こす必要なんてないと思うんだけどなぁ。

 

正直、近年のハリウッド怪獣映画ではパシフィックリム・アップライジングがトップ。真っ昼間にガンガンビルを壊して人をふんずける怪獣の描写。あれが理想。しかし、ゴジラの方は全体的に画面を暗くして誤魔化してる印象です。前作のギャレゴジもずっと暗くてそこが嫌いでした。怪獣を見せたいんだったらちゃんと見せてくれよと。

 

怪獣の描写も不満あり。モスラの女子力の低さに、ラドンの飛行スピードの遅さ、米軍の戦闘機と一緒に土俵入りするゴジラキングギドラは不満はなかったですが、電流のエフェクトがガンガンかかるぐらいのことはしてくれよと。

 

全体的に殺意がないのが気になりました。シン・ゴジラやアニゴジの予告では殺意剥き出しのゴジラがいましたが、ハリウッドゴジラはそれが無いように見えます。第一、人が目の前にいるのに人に向けて熱戦を撃たない時点でヌルい。

 

人間サイドもやる気なさそう。シンゴジ、アニゴジ、どちらも全力で人間はゴジラを倒しにかかってるのに、ただ呆然としてるだけなのが嫌です。米軍は出動してはいるけど弱そう。1作目同様、人間が迫力不足になりそうな予感。

 

で、何が言いたいかって言うと「バカさが足りない」って事です。物理法則は無視しないし、科学はこじつけないし、変に生物学の感じを取り入れて怪獣デザインするし。かっこ良ければそれでいい精神が感じられません。

 

一体の怪獣じゃ街をたくさん壊せないから、自然災害にも手伝ってもらおうだなんて、そんなヌルいもんがあるかと。街を壊したいなら熱戦をバカみたいに強くして、高速で飛んで、引力光線をぶっ放せばいいだろうと。わざわざ夜にやる必要もない。白昼堂々出現すりゃいいじゃん。

 

グチグチと書きましたが以上が予告編の感想です。モンスター映画ではあるが怪獣映画にはならないだろうと予想します。

ゾイドワイルドは期待通りだった!

6月23日より発売となったゾイドワイルドのキット。wave1としてワイルドライガーを含む6種が登場。来月にはwave2として注目の大型ゾイド「グラキオサウルス」が控えているほか、公式の本編冒頭5分先行配信でもその姿を見せたクワガタムシ種の小型ゾイド「クワーガ」もラインナップしています。

 

コロコロコミックや公式ツイッターでも公開されているようにこれからもゾイドは増える模様。サーベルタイガー型や、ステゴサウルス型、ティラノサウルス型などなど、これからもゾイドワイルドの世界は広がっていきそうです。

 

往年のファンやゾイダーから子供まで、幅広い支持を獲得しそうなゾイドワイルドシリーズ。アニメスタート前にも関わらず、品切れになっている店舗もあるようで、シンカリオン同様ちょっと凄すぎじゃないかと思うぐらいの勢いです。

 

 

下の写真が今回組み立てたワイルドライガー。期待通りの素晴らしい出来でした。世界観を重視した復元(組み立て)プロセス、そのわかりやすさ、パーツ数に反比例するの完成時の出来のよさ。どれをとっても一級品です。

 

f:id:gainabeats:20180625192850j:image

勿論!発売日に買いました!

 

そんなワイルドライガーですが組み立てた時に感じたことがあります。それは「殆ど昔と変わっていない」という事です。ハッキリいうと、構造はかつてのゾイドと同じです。歩行の仕組みもパーツ構成も「これこれ、これがゾイドだよ」という感じで何も変わってません。しかし、逆に言えばそれだけゾイドの仕組みは完成されているという事です。それにこのシリーズでは構造に細かな修正を加えて、作りやすさと完成度のレベルを格段にアップさせています。タカラトミーおそるべし。

 

動力ユニットの小型化、それによる左右の揺れ軽減によって実現した「直進する歩行」、スタイルの改善。細かなブラッシュアップによって再び動き出したゾイド達は、これからも愛されていくものになっていくだろうと確信させてくれます。そしてこれ以上ない楽しさを与えてくれます。

 

これからのゾイドワイルドの展開には期待しかないですし、その期待が裏切られることは無いと購入したワイルドライガーで感じました。古くからのファンと新しいファンが一緒に楽しめるものになっていって欲しいと思います。

 

とても長い間、その復活を夢見てきたゾイド。このような形で復活してくれたことをとても嬉しく思います。復活おめでとうゾイド!ありがとうタカラトミー

最近、忙しくて仕方がない話

最近の忙しさには、ほとほと疲れ果ててます。まあ全部に気が回らない。いけない事です。自分のキャパシティというものを分かっているにも関わらず、それを無視している。全くもっていけません。

 

 

 

 

バイトの話ではないです。

 

 

最近のテレビ番組や、おもちゃの話です。

 

まぁ忙しい事この上ない。録画している番組は「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」、「シンカリオン」、「ゲゲゲの鬼太郎」、あと見逃した時のために「チコちゃんに叱られる」。「夜の巷を徘徊する」も一応録ってます。

 

しかも7月からは「ゾイドワイルド」が録画に加わり、youtube公式配信では「ウルトラマンルーブ」を見なくてはなりません。

 

まぁ見れない。鬼太郎なんか3話分溜まってるし、気がついたらパトルパも先週の見てなくて2話溜まってました。シンカリオンはなんとか毎週見れてます。ただゾイドまで入ってくるとどうなるか微妙。ルーブは1週間限定配信だから週一ペースで見るようにしなくてはなりません。

 

おもちゃはシンカリオンゾイドで絞ってるのでとりあえず大丈夫。爆発的におもちゃが増えることはなさそうです(片付けもチマチマしてるし)。まぁゾイドが凄いことになりそうですが。

 

兎に角忙しい今日この頃。HDDの容量も圧迫されまくりですよホント。そんな話です。

 

かつてのベータやVHSの時代と同じことがデジタル全盛の今でも起きてるわけで。録りはするが見る時間はない。そのうちブルーレイの空ディスク買ってダビングもしなきゃなと思ってます。昆虫すごいぜとシンカリオンが優先かな...。いつブルーレイを買うかは未定ですが。

 

なんだかんだでこうしたマニア的趣味を楽しんでます。もうすぐゾイドがアマゾンから届くので、まずはゾイドを楽しみながらシンカリオンの空き箱やTFの空き箱なんかも整理しようと思います。部屋のストレージを空けるために要らないものも整理です。頑張ろう!

ゾイドが発売することが嬉しい話

「話」と言ってもどちらかというと身の上話みたいになってしまうんですが。

 

さて、本日6月20日はゾイドワイルドシリーズの発売の3日前。つまりゾイドワイルド商品展開スタートまで後3日ということです。正直な話、楽しみすぎて最早イライラしてます。早く買わせろと。

 

実は、私はゾイド世代(多分、第2次ゾイドブーム)ではあるんですが、ゾイド自体にあまり触れ合っていなかったんです。従兄弟のおじさんがゾイドのファンだったこともあり、買ってもらったり要らなくなったものをもらったりしていたんですが、いかんせんその頃はちびっ子だったこともありパーツは無くすわ壊すわで散々な状態に。今も当時もらったものは保存してありますが、きちんとしたものは無いに等しい状態で、ジャンクばかりです。破損はありますが、かろうじてセイスモサウルスがいい状態で残っています。

 

その後、マイブームとして中学生の頃にゾイドブームが到来。当時はゾイドが滅んだ暗黒の時代だったものですから、極たまに中古屋に現れる組み立て済み欠品ありのゾイドを買ったりしていたわけです(それでも手に入ったのは2体ほど)。中古を見つけはしても、今のようにおこずかいがきちんとあった訳でもないし、泣く泣く諦めたものも。1度だけ、未組み立てのケーニッヒウルフを手に入れることができ、これが唯一の欠品なし破損なしのゾイドとなりました。興奮しながら組み立てた思い出があります。

 

お小遣いに余裕のなかった中学生の頃。コトブキヤの発売しているHMMが欲しくてたまりませんでした。HMMデビューは、高校進学記念で頑張って貯めたお小遣いで買ったアイアンコング。とても嬉しくて幸せな買い物でした。

 

ゾイドを扱うホームページをみて当時の商品に想いを馳せ、ゼンマイやモーターで歩行するゾイドたちを画面越しに見る日々。ギミックを仕込むことによって生まれる独特のバランス。可動モデルであるHMMにはないどこか素朴でおもちゃらしさのあるタカラトミーゾイドたち。HMMというものがあってもなお、ゾイドへの憧れはおさまりませんでした。現に今に至るまで、アイアンコングの他にはカノントータスを買った以外にHMMは買っていません。やはりどこかに電動歩行の憧れがあるからなのでしょう。

 

ゾイドというものが、どこか遠い過去のもののように感じていた中に発表となった「新シリーズ」としてのゾイドワイルド。全てを一新し新たなゾイド達が誕生。まさに求めていたものがやってくるという喜び。発表会でお披露目されたゾイド達に一目惚れ。しかも今はお金もある!つまり欲しいものが全部買える!(ていうか全種類買える!)。待ち望んでいたゾイドの復活に期待もテンションもガンガン上がってます。

 

f:id:gainabeats:20180620152007j:plain

不遇の時代を支えてくれた我がゾイド達。君達はこれから「先輩」になるのだ!

 

発売まであと3日。ついにメカ生命体たちが帰ってきます。惑星zから地球へと舞台を写し展開されるゾイド戦史。どんなシリーズになるのか楽しみにして待ちます!