読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語り場ガイナビーツ

色々と思った事とか、感動した事を興奮気味に書いていく。そんな場所です。

ボーイズトイ可動フィギュアに思うこと

今メインで使ってるパソコンはノートパソコンです。この記事もノートパソコンで書いてます。ご存知の通りのノートパソコンは少しキーボードが詰まって配置されています。で、誤字を消すときにバックスペースを押すわけですが、このバックスペースの右隣にナムロックのキーが配置されているわけです。

 

「あ、間違えた」とバックスペースを押すと字が消えず、ナムロックのキーを連打。ナムをロックしたりロックしなかったり、とんだロック少年になっている状況です。

 

そんなことはどうでもよくて、本日アマゾンから到着したLVUR仮面ライダーパラドクス パーフェクトノックアウトゲーマー(長い!)を他のLVURシリーズと一緒に遊んでみて思ったことを書きたいなと。

 

f:id:gainabeats:20170516230555j:plain

 

こうしたボーイズトイ可動フィギュアと言うのは、仮面ライダーで言えばその昔、装着変身の時代から脈々と続いてきたシリーズです。しかし、仮面ライダーキバを最後に装着変身シリーズは終わり、翌年からのディケイドではFFRシリーズがスタート。装着の要素を消したライダーオンリーのギミックを重視した可動フィギュアです。ここから今展開中のLVURシリーズに至るまで、高年齢に向けたフィギュアーツとは別枠でボーイズトイのフィギュアは発売され続けています。

 

そんなボーイズトイ可動フィギュアは近年進化を続けており、大きさが統一されたオーズあたりからクオリティを上げ続けています。顔にクリアパーツを採用したウィザード。アームズの展開を再現しヒットを飛ばした鎧武。ギミックの足りない分をポイントを抑えたデフォルメで、スーツ造形を上手くフィギュアに落とし込んだドライブと、かなりのクオリティアップを見せています。ギミック重視のためにゴーストではイマイチな部分が出ましたが、今年のエグゼイドでは造形も良好で持ち返しています。

 

ここで出てくるのがユーザーによるフィギュアーツとの比較です。正直、コレに関しては「比較対象を間違ってる」と思うのが私の意見。そもそものターゲットの違うものを比較されて「顔の造形が」、「可動範囲が」と言われても、ターゲットの年齢層が違うものでそんなことを言っても仕方がないでしょうと思うわけです。たしかに、ボーイズトイの可動フィギュアはフィギュアーツには劣るでしょう。しかし、ボーイズトイ可動フィギュアには大きな強みがあります。

 

それがリリーススピードの速さです。番組の放送開始とほぼ同時に主人公が発売。毎週のように登場する新キャラクターや、新しいパワーアップのためのサポートキャラなんかが、番組登場と同じ月や週に発売されるのです。あらかじめ変身ベルトや武器と一緒に商品の発売リリースが企画されるのでこのスピードが実現できるというわけ。売れる売れないを考える前にメインは全部出しちゃうという思い切り。

 

ハイエイジ向けのフィギュアーツではプレバンだったり、そもそも発売されないようなものまで発売されてしまうこの幅の広さ。これがボーイズトイ可動フィギュアが勝っている点だと思います。更に番組の中のギミックを再現できるのも強みでしょう(果物を頭に被ったり、胸のタイヤを取り替えたり、パーカーを着たり)。遊ぶことを前提としているからこそ生まれる強度だから成し遂げられるギミックの再現も、大きな強みとしてあると思います。(ただ、エグゼイドのLVURに関しては設計に無理があるせいで白化している部分も、、、)

 

f:id:gainabeats:20170516230626j:plain

最後に、可動範囲とポーズについてですが、これは遊ぶ人の技量にかかっているかと。立たせ方一つとっても、オモチャのようなギクシャクな立ち方になるか、中にスーツアクターが入っているかのような立ち方になるかはポーズをつけるユーザー次第。可動範囲が広ければ誰でもかっこいいポーズをとらせることができるわけではないと思います。

 

ということで、ボーイズトイ可動フィギュアの強みは「発売の速さと商品化の幅の広さである!」というお話でした。これからもボーイズトイの可動フィギュアを応援していきたいです。そしてあわよくば戦隊の可動フィギュアを、、、!

DXな気分で買い物を

欲しい欲しいと思っていたものを買うと決め、最近は清水の舞台から毎日のように飛び降りています。それもこれもキュウレンジャーが面白いから。

 

f:id:gainabeats:20170514150054j:image

事の始まり(というか覚悟を決めた)のはコレ。行きつけのおもちゃ屋さんにお金を落とそうと思いコイツを購入。戦隊のDXトイ購入はニンニンジャーシュリケンジンを衝動買いして以来。約2年の間が空いてます。箱を開けてビニールを取ると相変わらずのしっかりした出来に感動。

 

f:id:gainabeats:20170514150343j:image

 

f:id:gainabeats:20170514150348j:image

そこからは怒涛の速さでamazonでまとめ買い。初期投資ムッチャかかる戦隊だよなと思いながら買いました。以前プレデターを買った時の残りのamazonポイントがあったので、それを全額使ったおかげで現金での支払いは少し安く済んでます。

 

で、驚いたのが電池のこと。実はDXキュウレンオーにはテスト用電池が付いてなかったんです。大概のものにはテスト用電池は付いてて、絶縁体を抜けばすぐ鳴るもんだとタカをくくっていた所為で意外なところで驚きました。すぐに100円ショップへと我が愛車の自転車を、サイクロン号の如く走らせ単4電池をゲット。

 

f:id:gainabeats:20170514151404j:image

加減を知らず鳴り響くサウンド!親にバレないようには絶対遊べない音量です。そして手に持った時のズッシリとした重量感。圧倒的スケール。ミニプラとは違うかっこよさです。やはりDXトイの魅力はミニプラには無いこの「重さ」にあるのではないかと思います。

 

ということで、最近はDXトイで童心に帰りつつ大人の財力で物を買っているよというお話でした。明後日にはリュウテイオーが、パーフェクトノックアウトのパラドクスと一緒に届く予定。ついに我が家にもリュウテイキュウレンオーが、、!?

ソフトビニールの魔力

怪獣ソフビブーム再来(何回めかは知らん)。

f:id:gainabeats:20170403205453j:image

行きつけの中古屋さんでかなりスタンダードソフビが減ってきてるのが最近の悩みのタネ。正直、魅力的なソフビが無いのが現状です。旧造形のアストロモンスとベロクロンがあったと思っていざ自転車を飛ばしたらなくなってたりでショックなこともあったり。

 

そんなスタンダードソフビがめっきり減ってきたこのご時世。何とか見つけて買ってきた巨大ヤプール、リガトロン、旧造形グドン。巨大ヤプールはかなり出来が良くて満足。

 

f:id:gainabeats:20170403205838j:image

で、今日また自転車を飛ばしてコイツをゲット。タラバンです。スタンダードソフビ全盛期には全く興味が湧かなかったのですが、今ならわかるこの良さ。こういったカラフルな造形であるとか、旧造形のグドンを買うとかはインディーズソフビに憧れているからというのが原因にあります。

 

因みにインディーズソフビはVAGのネゴラ2体、ランジロン1体。のみ。実際でかいネゴラとかギョザラとか欲しいんですけどまぁ入手ルートが限られてるのが現状。大怪獣サロンみたいな面白い空間作りたいんだけどなぁ。

 

f:id:gainabeats:20170403210301j:image

でも、ウチにあるもので色々と遊びようはあるし、インディーズは何かの機会に買えればそれで良いかなと。てかDXキュウボイジャーシリーズも欲しいんですよ実際。

ダンバインについて思ったこと

聖戦士ダンバインを見終わりました。今回はその感想を書いていきます。(独自解釈ありつつ)

 

・どういう話だったか

ダンバインを駆り、ドレイクの独裁を阻止せんと戦う青年「ショウ・ザマ」。この物語はこのショウ・ザマが自分の「信念」を持つ物語だったように思いました。

 

バイストンウェルに呼び出された当初は、わけも分からずドレイク軍に協力。ところが、マーベルの説得やリムルの思いやチャムとの出会い、同じ軍でありながら対立したトッドとの関係。おそらくショウの中では他者と意見をぶつけたり、違う立場の人間を理解すること自体が初めてだった筈です。実際にマーベルに初めて説得された時はショウはかなり反発していたように、大きな組織の下で取り敢えず身をおいていればいいと自分を殺していたわけです。しかし城攻めで非人道的なことをやったことで「誰かにとってどういう自分であるか」よりも「人としてあるべき自分はどういう自分か」を考えたように見えました。

 

ゼラーナに入ってからは、ショウの捻くれたしゃべり方が変わったように感じました。更にトドメは東京上空。吉祥寺の自宅に飛ばされ、真っ先に会った自分の親が「お前は誰だ」と他人扱い。オーラバトラーという得体の知れないものに乗って、フェラリオという小さな人間と一緒に自分の息子が帰ってきた。そりゃ宇宙人だと思うかもしれませんが、ショウのお母さんがショウが偽者だと言った根拠が「あの子はこんなこと言わない」という外見より思考についての指摘。ショウがそれに不思議がるのも、自覚しずらい内面の成長の描写には巧いポイントだと思いました。

 

戦いや仲間との会話で内面が成長して、自分の信念が固まってきたからこそショウの母が言う「本人でない根拠」が理解できない。更にガラリアのバストールと対峙したときに、ガラリアを説得しようと戦士としての散り方を説くというのも成長してる証拠です。自分の中で他者の考えを理解してるんですから。

 

バイストンウェルへの帰還後のショウの成長は戦争が本格的になる所為で、上手く内面の成長が描けなくなりそうですが、そこをオーラ力の増大というやり方で描ききる。次は人を思うあまり制御ができなくなるほどにオーラ力が強くなるという部分で、更なる内面の成長が描かれます。争いを終わらせるという自分の信念が増大していく。もはや信念が生まれるというより、それを通すほうに考えが行っていたように見えます。最終回では自分の身を投げ出すまでに至るほど、序盤とはまったく別人のようになったショウ。

 

主人公が信念を獲得するまでの物語。それがダンバインの物語だと考えます。

 

・オーラ力のこと

物語を通じて描かれるオーラ力というポイント。そこにも魅力がある作品でした。「オーラりょく」、「オーラパワー」ではなく「オーラちから」と言うのが好きな要素。

 

見始めた当初、オーラ力というのはオーラバトラーを動かすためにパイロットに必要な要素で、コクピットの操縦桿はあくまで補助でしかないと語られていました。新世記エヴァンゲリオンでいうエヴァンゲリオントップをねらえ2!のバスターマシンにも真似られたような「考えをトレースするスーパーロボット」の設定を説明し、裏付けるもののようでした。

 

しかし、物語の後半、ジェリルのレプラカーンの「ハイパー化」がそれを打ち砕きます。それ以前には時空を超えて地上界へ突入できる可能性もある危険な力もあることが明かされており、こういったことからオーラ力には何かがあるようではありました。所がここで増大しすぎたオーラ力は人を惑わせ、オーラバトラーを巨大化させる凶器であると明かされるのです。

 

ショウもマーベルも、この大きなレプラカーンに驚き恐怖する。自分たちがその力でオーラバトラーを動かしているんだと身をもって知るところが、とても衝撃的な部分でした。最終回近くにトッドやバーンがハイパー化し始めたり、ショウのビルバインもハイパー化しかける。こうして人の思念が具現化する恐怖を描くのはこのダンバインだからこそではないでしょうか。元々人の野望の強い思いから始まった戦争だからこそ、人の思念が暴走する争いの怖さがハイパー化に現れていました。

 

実態として存在しない兵器であり、それが人の心を表す鏡でもあるオーラ力と言う要素は中々無いものだと思います。

 

取り敢えずココまで。後で又その2としてまとまった考えを書ければなと思います。

 

 

 

トミノアニメで行こう

宇宙戦隊キュウレンジャーが面白くて、又ミニプラ集めを再開かなと考えている今日この頃。

そんな中、聖戦士ダンバインを最近見ています。あと劇場版Zガンダムを見直し。

 

ダンバインは、ファンタジー感とメカを共存させる見事な設定や描写に感動しつつ楽しんでいます。なかなか無いファンタジーロボアニメ。

 

最近ではめっきり減った曲線主体のオーラバトラのデザインも魅力的です。最近のロボは足が纏足みたいだし、そもそも小さくてイカンです。面で地面に接地せず、点で接地するあのデザインは重苦しいデザインの中にポンと混ざっているのがいいのであって、全部の機体の足が小さかったら駄目ですよ。やるならファイブスターのGM並みに突飛なデザインじゃないとかっこよくならないです。

 

次に登場人物の描写。まず、死の描写が軽い。ドラマチックに死んでいくのは確かにダンバインではガラリアが、Zではフォウ・ムラサメがそうですが、いつまでもその死を引きずる感じが無くってあっさりしてるように思います。逆に今放送中の鉄血はドラマチックすぎ。

 

「ああ!死にますよ!今まさに今までのことを思いながら、何ともいわれぬ感情の波の中!!さよなら!みなさんさよなら!ホントのホントにさよなら〜〜!」

 

と、言わんばかりの死に方。富野作品のあっさり感の方が個人的には好きです。鉄血を見ててちょっとストレス溜まってるのは事実なんで、富野作品のこのあっさりはスッキリします。あと善悪の分かれ目が曖昧でよくわからないのも。

 

そんなこんなで富野由悠季ワールドを堪能している最近の私のアニメ事情。相変わらず流行りの真逆を行く偏見混じりのアニメ野郎。もうちょいこの富野ワールドに浸ります。ちょっとガンダムSEED熱冷めた感じ。

 

 

気づけばもう

メールで「開設から半年が経ちました」とのお知らせが。もうそんなに経ったようですこのブログ。気分で長文を書こうと思った時にだけ更新する気まぐれなブログですがこれからもダラダラとやっていけたらなと。

 

ガンプラの話

最近ガンダムOO(ファーストシーズン)にお熱です。ソレスタルビーイングの初期4機を1/100スケールで揃えたいと思いたったのですが、いかんせん1/100スケールのシリーズの再販は去年7月。もう在庫切れが始まっていてキュリオスはアマゾン、ヨドバシ共に壊滅。デュナメスは既に在庫切れで今月15日出荷予定。ヴァーチェは辛うじて残ってる状況。エクシアはMGがあるので1/100スケールは手に入れやすいですが、主人公機以外の3機が入手難易度高めな状態。さていかにして集めようかと悩んでいます。

 

今月の出荷予定表には予定として1/100シリーズがほぼ全て入っていたのですが、デュナメスやティエレン、タイプFなどを除いて出荷日に「後日」の記載。つまり品切れ中のキュリオスや在庫が減って来たヴァーチェの再販がかからない状態に。当初の予定には入っていたので「来月、再来月なのか、、?」とわずかな希望を持っているのですが恐らく無理でしょう。

 

となるとやはりおもちゃ屋さんで探すしか手はないわけですが、、、。さてあるのでしょうか。多分ないでしょう。ダメ元で探しては見ます。

 

ある時に要らなくて無い時に欲しくなる。エゴではありますが欲しい。組み立てたい!!「後日」の表記が「違う月に後回し」という意味であることを祈ります。

積みたいお年頃

大学の単位認定試験終了につき、おこずかいで何でも買ったらええやん期間に突入!

 

f:id:gainabeats:20170201202841j:image

1月末に発売となったエグゼイドのフィギュア新製品の2つ。

 

f:id:gainabeats:20170201202751j:image

そして昨年6月に再販になってちょっと在庫が安定したHGの連合三馬鹿を購入!

 

久しぶりに思いっきり買い物しました。はっはっは!やってやったぞ!というわけで少し積みを増やしました。試験前に買ってたレジェンドは組み上がったのでMGのバスターを合わせて積みは4つ。カラミティから行くかね。