語り場ガイナビーツ

色々と思った事とか、感動した事を興奮気味に書いていく。そんな場所です。

SEED熱再燃

ガンダムSEED熱が再燃。とりあえず単位認定試験前なので、試験終わってから組む用にこちらの2つを購入。

f:id:gainabeats:20170121105908j:image

買いたい買いたい。後で後でと言ってようやく買ったMGバスターガンダム。そしてMGプロヴィデンス発売決定を受け、1/100のプロヴィデンスは要らないと判断したのでレジェンドの方をチョイス。レジェンドはまだMG化に時間がかかりそうだったので。

 

そんなSEED熱の再燃。その原因がこちら

f:id:gainabeats:20170121110423j:image

Ver2.0のフリーダムガンダムです。このキットがすごくかっこいいのも手伝ってまた集めようとなったわけです。ただ、このフリーダムの股関節のジョイントがきつくてすぐにねじ切れそうになったので大改造。年始一発目のプラモで結構手をかけてしまったのでした。

 

今後の目標としては2月再販のゲイルストライク。余裕がありそうであればレーゲンデュエルも。エグゼイドのフィギュアも集めてるので出費抑えつつ。ちなみにガンダム以外で注目してるのは3月再販予定のR3シリーズのエルガイムmkⅡ。かなり出来がいいそうで欲しいと思ってます。

 

プラモプラモの生活にのめり込んでいきそうな予感です。

海外トイを買ってみました。

雪が昨日あたりから降っていて、凄いスピードで積もっています。雪の粒そのものは小さいものの、積もる量は多く雪かきにも一苦労。

 

そんな厄介者の雪ですが、視点を変えて遊ぶ方面に生かしてみることに。今月のはじめに購入(衝動買い)したNECA社の7インチ、プレデターのフィギュアをベランダに持ち出して野外撮影。

 

こんなのが撮れました。

f:id:gainabeats:20161217164004j:image

 

劇中でも雪の中でエイリアンクイーンと戦ったのでスカープレデターをチョイス。吠えてる感じで撮影。細かなモールドと逆光の陰で関節が隠れてるおかげでいい雰囲気になってくれました。

 

NECAのプレデターフィギュアは出来が良く、かなり劇中に近い仕上がり。可動範囲は広くないものの、愛を感じるこだわりの造形はバ◯ダイやハ◯ブロも追いつけないのでは?と思います。AvPプレデターのスカー、ケルティック、チョッパーの三体セットで買いました。

f:id:gainabeats:20161217164652j:image

 

アマゾンで購入しましたが、今後NECA社のフィギュアを買うときは豆魚雷での購入も考えた方がいいのかなと考える今日この頃。

シン・ゴジラと俺の財布と欲しい物と

f:id:gainabeats:20161123205454j:image

シンゴジラを求めて色々と物を集めているわけですが、最近は停滞気味であります。仮面ライダーウルトラマンの方に力を注いでおりまして、無人在来線爆弾は未だ中央線が購入できていない状況。

 

で、問題なのは電車より飛行機。あのB-2ステルスをどうするかです。1/144スケールのプラモデルがあるそうで、これを作るのがB-2ゲットの一番近いルートなのかなと。ただ、ミリタリープラモを作ったことがない自分としては少し作るのは不安です。このB-2と一緒に中央線と総武線のプラレールセットも買えばいいかなと考えている次第。

 

そこに注目の商品が一つ。海洋堂から発売されている新シリーズの「ソフビトイボックス」なるソフビトイのシリーズから10式戦車がデフォルメされて発売される模様。3千円と少し値の張る物ですがこれは注目かなと。

 

シンゴジ実況の異様な盛り上がり(もちろんハッシュタグをつけて参加しました)や、箱根駅の陥没事故でコンクリートポンプ車が活躍したりとなんだかんだでシンゴジ熱は冷めない雰囲気。ブルーレイの発売がイマイチわからなかったり、資料本が発売延期になったり一番欲しい物が中々手に入らないですが、興行80億越えのシンゴジラの勢いは衰えることはなさそうですね。

 

 

ここ数日のおもちゃ事情

ここ数日のおかいものでございます。

 

f:id:gainabeats:20161022212135j:image

 

f:id:gainabeats:20161022212048j:image

 

f:id:gainabeats:20161022212118j:image

 

今月の上旬で買った物です。最新のおもちゃ、取り揃えております。ウルトラマンオーブ、仮面ライダーエグゼイドと特撮ドラマにハズレが無く、おもちゃがいい感じに欲しくなったので集めておりました。

 

オーブは番組が後半戦突入。ギャラクトロンと今週のゼッパンドンと強敵続き。前後編構成のギャラクトロンの回は「うわぁ、、、」となる内容でしたが、個人的には結構好きだったりします。ソフビも800サイズ並みのDXシリーズが続々リリース。ソフビ好きとしては外せない魅力的なものがいっぱいです。

 

エグゼイドも期待通りに面白く、ゴーストより面白く感じています。ライダーのデザインもかなりぶっ飛んでて好きです。来月には怒涛のLVURの発売ラッシュ。頑張って集めていきたいと考えています。今はプレイバリューに欠けていますがこれから楽しくなってきそうで楽しみな限り。

 

そんな感じのおもちゃ事情でした。

「うなされる」を初体験

バイトが終わって帰宅し、昼ごはんをちゃっちゃと済ませてお昼寝。なんかシーンとした部屋に寂しさを感じたのでイヤホンつけてjangoでtoday's top100を聞きながら寝ることにしました。

 

Today's Top100というのだから当然流れるのはチャートに則った最新の曲です。もちろん一日、1週間かたや1ヶ月でもランキングにはあまり変動はありません。一度人気が出ればランキングには残り続けるのでなかなか曲が変わらないのです。なので正直、聞くのも飽きてます。

 

その中でも特に飽きているのがRihannaのneeded meです。最近流行ってるっぽい「遅いテンポで遅く歌う」系の曲。しかもかなり長くランキングに残っているらしく、ここ数ヶ月はjangoを聞くと必ずと言っていいほどこの曲に遭遇します。

 

で、それに今回も遭遇。サビの部分が頭の中に流れ込んできて

「にーにーにーにー!うるさいよ!なんだよ何回もにーにーにーにーって!!」

と夢の中でキレました。

 

ハッと目が覚めるとアリアナグランデの曲に変わっていました。あ、俺うなされてた、、?とここで認識。飽きて嫌いになった曲を聞かされてうなされていたわけです。もうやだ!にーにーばっか言う曲なんて聞きたくない!あと最近の曲ワンパターン!みんなテンポ遅いわ情報量少な目シンプル路線だわ。全部同じに聞こえるっつの!

 

しばらくポッドキャストに切り替えて気分変えようかと思います。曲のワンパターン化って恐ろしいなと思った午後でしたとさ。

ハリウッド再発見

今年はキャプテンアメリカCWに始まり、X-MEN アポカリプス、ミュータントタートルズout of the shadowsとシンゴジ以外にも色々映画を見ています。ゴーストバスターズも見たかったのですが、上映している映画館が遠くて見に行くことを断念。

 

そんな中、レンタルでブレードランナーを借りて見てみました。youtubeで平成極楽オタク談義のSFカーの回を見て、そこでスピナーに触れていたのに感化されスピナー目当てで見てみました。

 

まず、最初の大きな建築構造物。あのシーンに心を持って行かれ、デッカードが飯を食う上を飛ぶメカ飛行船に惚れ、雨の中駐車されているスピナーの美しさに感動。80年代あたりの流線型が取り入れられたメカデザインと汚く発展した未来の描写がとても素晴らしかったです。ハリウッドを見たというか本物の洋画を見たというか。

 

CG全盛というかCG依存症の映画ばかりとは違う特撮と実写、そして実物大のセット。作り物ではあれども、現実に存在しているもののをカメラで撮った重量感はとてもかっこよかったです。今ではすっかりCGに飲み込まれたハリウッドとは違う本物のハリウッドを見れたと思います。

 

ブレードランナーは間違いなく見てよかった映画でした。洋画の真髄ここにあり。

怪獣映画の常識を壊すシンゴジ

ずっとゴジラの事しか書いてない気がするこのブログ。まぁ、またゴジラの話題です!

 

怪獣映画のストーリーは基本的なパターンがあると私は考えています。

 

出現の予兆→小さな被害→怪獣出現

 

これが、怪獣映画の序盤の展開の仕方です。映画の主役である怪獣の出現はもったいぶるのがセオリー。ちなみにこの記事を書きながら見ているガメラⅢでは、本格的に怪獣(ガメラとハイパーギャオス)が出てきたのは本編開始から23分後でした。軽く30分もったいつけられました。初代ゴジラも、大戸島に現れるまでもったいぶってます。映画が始まってすぐに怪獣が現れる事はあまり無いのです。

 

ではシン・ゴジラはどうでしょうか。

 

シン・ゴジラでは、タイトルが出てすぐに静止したグローリー丸とそれを調査する海上保安庁職員のシーン。その後、地震のような揺れとともに巨大な尻尾と背びれが現れます。そこからあまり間を空けず蒲田に上陸。本編開始から10分と経たずに主役登場です。初めて見たとき、リアル路線ならゴジラ登場はもったいぶるだろうとタカをくくっていたので衝撃でした(中盤まで本格的に出てこないだろうと思ってました)。怪獣映画のセオリーすらも壊していくシン・ゴジラ。恐ろしい作品です。

 

興行収入50億円を超えたゴジラ。勢いはまだ続いています。今週末には2回目を見に行く予定です。また新しい発見があればいいな。というわけで簡単なシンゴジのお話でした。