語り場ガイナビーツ

色々と思った事とか、感動した事を興奮気味に書いていく。そんな場所です。

ダンバインについて思ったこと

聖戦士ダンバインを見終わりました。今回はその感想を書いていきます。(独自解釈ありつつ)

 

・どういう話だったか

ダンバインを駆り、ドレイクの独裁を阻止せんと戦う青年「ショウ・ザマ」。この物語はこのショウ・ザマが自分の「信念」を持つ物語だったように思いました。

 

バイストンウェルに呼び出された当初は、わけも分からずドレイク軍に協力。ところが、マーベルの説得やリムルの思いやチャムとの出会い、同じ軍でありながら対立したトッドとの関係。おそらくショウの中では他者と意見をぶつけたり、違う立場の人間を理解すること自体が初めてだった筈です。実際にマーベルに初めて説得された時はショウはかなり反発していたように、大きな組織の下で取り敢えず身をおいていればいいと自分を殺していたわけです。しかし城攻めで非人道的なことをやったことで「誰かにとってどういう自分であるか」よりも「人としてあるべき自分はどういう自分か」を考えたように見えました。

 

ゼラーナに入ってからは、ショウの捻くれたしゃべり方が変わったように感じました。更にトドメは東京上空。吉祥寺の自宅に飛ばされ、真っ先に会った自分の親が「お前は誰だ」と他人扱い。オーラバトラーという得体の知れないものに乗って、フェラリオという小さな人間と一緒に自分の息子が帰ってきた。そりゃ宇宙人だと思うかもしれませんが、ショウのお母さんがショウが偽者だと言った根拠が「あの子はこんなこと言わない」という外見より思考についての指摘。ショウがそれに不思議がるのも、自覚しずらい内面の成長の描写には巧いポイントだと思いました。

 

戦いや仲間との会話で内面が成長して、自分の信念が固まってきたからこそショウの母が言う「本人でない根拠」が理解できない。更にガラリアのバストールと対峙したときに、ガラリアを説得しようと戦士としての散り方を説くというのも成長してる証拠です。自分の中で他者の考えを理解してるんですから。

 

バイストンウェルへの帰還後のショウの成長は戦争が本格的になる所為で、上手く内面の成長が描けなくなりそうですが、そこをオーラ力の増大というやり方で描ききる。次は人を思うあまり制御ができなくなるほどにオーラ力が強くなるという部分で、更なる内面の成長が描かれます。争いを終わらせるという自分の信念が増大していく。もはや信念が生まれるというより、それを通すほうに考えが行っていたように見えます。最終回では自分の身を投げ出すまでに至るほど、序盤とはまったく別人のようになったショウ。

 

主人公が信念を獲得するまでの物語。それがダンバインの物語だと考えます。

 

・オーラ力のこと

物語を通じて描かれるオーラ力というポイント。そこにも魅力がある作品でした。「オーラりょく」、「オーラパワー」ではなく「オーラちから」と言うのが好きな要素。

 

見始めた当初、オーラ力というのはオーラバトラーを動かすためにパイロットに必要な要素で、コクピットの操縦桿はあくまで補助でしかないと語られていました。新世記エヴァンゲリオンでいうエヴァンゲリオントップをねらえ2!のバスターマシンにも真似られたような「考えをトレースするスーパーロボット」の設定を説明し、裏付けるもののようでした。

 

しかし、物語の後半、ジェリルのレプラカーンの「ハイパー化」がそれを打ち砕きます。それ以前には時空を超えて地上界へ突入できる可能性もある危険な力もあることが明かされており、こういったことからオーラ力には何かがあるようではありました。所がここで増大しすぎたオーラ力は人を惑わせ、オーラバトラーを巨大化させる凶器であると明かされるのです。

 

ショウもマーベルも、この大きなレプラカーンに驚き恐怖する。自分たちがその力でオーラバトラーを動かしているんだと身をもって知るところが、とても衝撃的な部分でした。最終回近くにトッドやバーンがハイパー化し始めたり、ショウのビルバインもハイパー化しかける。こうして人の思念が具現化する恐怖を描くのはこのダンバインだからこそではないでしょうか。元々人の野望の強い思いから始まった戦争だからこそ、人の思念が暴走する争いの怖さがハイパー化に現れていました。

 

実態として存在しない兵器であり、それが人の心を表す鏡でもあるオーラ力と言う要素は中々無いものだと思います。

 

取り敢えずココまで。後で又その2としてまとまった考えを書ければなと思います。

 

 

 

トミノアニメで行こう

宇宙戦隊キュウレンジャーが面白くて、又ミニプラ集めを再開かなと考えている今日この頃。

そんな中、聖戦士ダンバインを最近見ています。あと劇場版Zガンダムを見直し。

 

ダンバインは、ファンタジー感とメカを共存させる見事な設定や描写に感動しつつ楽しんでいます。なかなか無いファンタジーロボアニメ。

 

最近ではめっきり減った曲線主体のオーラバトラのデザインも魅力的です。最近のロボは足が纏足みたいだし、そもそも小さくてイカンです。面で地面に接地せず、点で接地するあのデザインは重苦しいデザインの中にポンと混ざっているのがいいのであって、全部の機体の足が小さかったら駄目ですよ。やるならファイブスターのGM並みに突飛なデザインじゃないとかっこよくならないです。

 

次に登場人物の描写。まず、死の描写が軽い。ドラマチックに死んでいくのは確かにダンバインではガラリアが、Zではフォウ・ムラサメがそうですが、いつまでもその死を引きずる感じが無くってあっさりしてるように思います。逆に今放送中の鉄血はドラマチックすぎ。

 

「ああ!死にますよ!今まさに今までのことを思いながら、何ともいわれぬ感情の波の中!!さよなら!みなさんさよなら!ホントのホントにさよなら〜〜!」

 

と、言わんばかりの死に方。富野作品のあっさり感の方が個人的には好きです。鉄血を見ててちょっとストレス溜まってるのは事実なんで、富野作品のこのあっさりはスッキリします。あと善悪の分かれ目が曖昧でよくわからないのも。

 

そんなこんなで富野由悠季ワールドを堪能している最近の私のアニメ事情。相変わらず流行りの真逆を行く偏見混じりのアニメ野郎。もうちょいこの富野ワールドに浸ります。ちょっとガンダムSEED熱冷めた感じ。

 

 

気づけばもう

メールで「開設から半年が経ちました」とのお知らせが。もうそんなに経ったようですこのブログ。気分で長文を書こうと思った時にだけ更新する気まぐれなブログですがこれからもダラダラとやっていけたらなと。

 

ガンプラの話

最近ガンダムOO(ファーストシーズン)にお熱です。ソレスタルビーイングの初期4機を1/100スケールで揃えたいと思いたったのですが、いかんせん1/100スケールのシリーズの再販は去年7月。もう在庫切れが始まっていてキュリオスはアマゾン、ヨドバシ共に壊滅。デュナメスは既に在庫切れで今月15日出荷予定。ヴァーチェは辛うじて残ってる状況。エクシアはMGがあるので1/100スケールは手に入れやすいですが、主人公機以外の3機が入手難易度高めな状態。さていかにして集めようかと悩んでいます。

 

今月の出荷予定表には予定として1/100シリーズがほぼ全て入っていたのですが、デュナメスやティエレン、タイプFなどを除いて出荷日に「後日」の記載。つまり品切れ中のキュリオスや在庫が減って来たヴァーチェの再販がかからない状態に。当初の予定には入っていたので「来月、再来月なのか、、?」とわずかな希望を持っているのですが恐らく無理でしょう。

 

となるとやはりおもちゃ屋さんで探すしか手はないわけですが、、、。さてあるのでしょうか。多分ないでしょう。ダメ元で探しては見ます。

 

ある時に要らなくて無い時に欲しくなる。エゴではありますが欲しい。組み立てたい!!「後日」の表記が「違う月に後回し」という意味であることを祈ります。

積みたいお年頃

大学の単位認定試験終了につき、おこずかいで何でも買ったらええやん期間に突入!

 

f:id:gainabeats:20170201202841j:image

1月末に発売となったエグゼイドのフィギュア新製品の2つ。

 

f:id:gainabeats:20170201202751j:image

そして昨年6月に再販になってちょっと在庫が安定したHGの連合三馬鹿を購入!

 

久しぶりに思いっきり買い物しました。はっはっは!やってやったぞ!というわけで少し積みを増やしました。試験前に買ってたレジェンドは組み上がったのでMGのバスターを合わせて積みは4つ。カラミティから行くかね。

SEED熱再燃

ガンダムSEED熱が再燃。とりあえず単位認定試験前なので、試験終わってから組む用にこちらの2つを購入。

f:id:gainabeats:20170121105908j:image

買いたい買いたい。後で後でと言ってようやく買ったMGバスターガンダム。そしてMGプロヴィデンス発売決定を受け、1/100のプロヴィデンスは要らないと判断したのでレジェンドの方をチョイス。レジェンドはまだMG化に時間がかかりそうだったので。

 

そんなSEED熱の再燃。その原因がこちら

f:id:gainabeats:20170121110423j:image

Ver2.0のフリーダムガンダムです。このキットがすごくかっこいいのも手伝ってまた集めようとなったわけです。ただ、このフリーダムの股関節のジョイントがきつくてすぐにねじ切れそうになったので大改造。年始一発目のプラモで結構手をかけてしまったのでした。

 

今後の目標としては2月再販のゲイルストライク。余裕がありそうであればレーゲンデュエルも。エグゼイドのフィギュアも集めてるので出費抑えつつ。ちなみにガンダム以外で注目してるのは3月再販予定のR3シリーズのエルガイムmkⅡ。かなり出来がいいそうで欲しいと思ってます。

 

プラモプラモの生活にのめり込んでいきそうな予感です。

海外トイを買ってみました。

雪が昨日あたりから降っていて、凄いスピードで積もっています。雪の粒そのものは小さいものの、積もる量は多く雪かきにも一苦労。

 

そんな厄介者の雪ですが、視点を変えて遊ぶ方面に生かしてみることに。今月のはじめに購入(衝動買い)したNECA社の7インチ、プレデターのフィギュアをベランダに持ち出して野外撮影。

 

こんなのが撮れました。

f:id:gainabeats:20161217164004j:image

 

劇中でも雪の中でエイリアンクイーンと戦ったのでスカープレデターをチョイス。吠えてる感じで撮影。細かなモールドと逆光の陰で関節が隠れてるおかげでいい雰囲気になってくれました。

 

NECAのプレデターフィギュアは出来が良く、かなり劇中に近い仕上がり。可動範囲は広くないものの、愛を感じるこだわりの造形はバ◯ダイやハ◯ブロも追いつけないのでは?と思います。AvPプレデターのスカー、ケルティック、チョッパーの三体セットで買いました。

f:id:gainabeats:20161217164652j:image

 

アマゾンで購入しましたが、今後NECA社のフィギュアを買うときは豆魚雷での購入も考えた方がいいのかなと考える今日この頃。

シン・ゴジラと俺の財布と欲しい物と

f:id:gainabeats:20161123205454j:image

シンゴジラを求めて色々と物を集めているわけですが、最近は停滞気味であります。仮面ライダーウルトラマンの方に力を注いでおりまして、無人在来線爆弾は未だ中央線が購入できていない状況。

 

で、問題なのは電車より飛行機。あのB-2ステルスをどうするかです。1/144スケールのプラモデルがあるそうで、これを作るのがB-2ゲットの一番近いルートなのかなと。ただ、ミリタリープラモを作ったことがない自分としては少し作るのは不安です。このB-2と一緒に中央線と総武線のプラレールセットも買えばいいかなと考えている次第。

 

そこに注目の商品が一つ。海洋堂から発売されている新シリーズの「ソフビトイボックス」なるソフビトイのシリーズから10式戦車がデフォルメされて発売される模様。3千円と少し値の張る物ですがこれは注目かなと。

 

シンゴジ実況の異様な盛り上がり(もちろんハッシュタグをつけて参加しました)や、箱根駅の陥没事故でコンクリートポンプ車が活躍したりとなんだかんだでシンゴジ熱は冷めない雰囲気。ブルーレイの発売がイマイチわからなかったり、資料本が発売延期になったり一番欲しい物が中々手に入らないですが、興行80億越えのシンゴジラの勢いは衰えることはなさそうですね。