語り場ガイナビーツ

色々と思った事とか、感動した事を興奮気味に書いていく。そんな場所です。

ゾイドワイルドは期待通りだった!

6月23日より発売となったゾイドワイルドのキット。wave1としてワイルドライガーを含む6種が登場。来月にはwave2として注目の大型ゾイド「グラキオサウルス」が控えているほか、公式の本編冒頭5分先行配信でもその姿を見せたクワガタムシ種の小型ゾイド「クワーガ」もラインナップしています。

 

コロコロコミックや公式ツイッターでも公開されているようにこれからもゾイドは増える模様。サーベルタイガー型や、ステゴサウルス型、ティラノサウルス型などなど、これからもゾイドワイルドの世界は広がっていきそうです。

 

往年のファンやゾイダーから子供まで、幅広い支持を獲得しそうなゾイドワイルドシリーズ。アニメスタート前にも関わらず、品切れになっている店舗もあるようで、シンカリオン同様ちょっと凄すぎじゃないかと思うぐらいの勢いです。

 

 

下の写真が今回組み立てたワイルドライガー。期待通りの素晴らしい出来でした。世界観を重視した復元(組み立て)プロセス、そのわかりやすさ、パーツ数に反比例するの完成時の出来のよさ。どれをとっても一級品です。

 

f:id:gainabeats:20180625192850j:image

勿論!発売日に買いました!

 

そんなワイルドライガーですが組み立てた時に感じたことがあります。それは「殆ど昔と変わっていない」という事です。ハッキリいうと、構造はかつてのゾイドと同じです。歩行の仕組みもパーツ構成も「これこれ、これがゾイドだよ」という感じで何も変わってません。しかし、逆に言えばそれだけゾイドの仕組みは完成されているという事です。それにこのシリーズでは構造に細かな修正を加えて、作りやすさと完成度のレベルを格段にアップさせています。タカラトミーおそるべし。

 

動力ユニットの小型化、それによる左右の揺れ軽減によって実現した「直進する歩行」、スタイルの改善。細かなブラッシュアップによって再び動き出したゾイド達は、これからも愛されていくものになっていくだろうと確信させてくれます。そしてこれ以上ない楽しさを与えてくれます。

 

これからのゾイドワイルドの展開には期待しかないですし、その期待が裏切られることは無いと購入したワイルドライガーで感じました。古くからのファンと新しいファンが一緒に楽しめるものになっていって欲しいと思います。

 

とても長い間、その復活を夢見てきたゾイド。このような形で復活してくれたことをとても嬉しく思います。復活おめでとうゾイド!ありがとうタカラトミー