語り場ガイナビーツ

色々と思った事とか、感動した事を興奮気味に書いていく。そんな場所です。

地味だけどいい怪獣

円谷プロウルトラシリーズはもっぱら1作目のウルトラマンが大好きな私。

 

新商品もしくは中古で怪獣ソフビで何かいいのがあると集めているのですが、ウルトラマンの登場怪獣を見つけたらできれば買っておこうと思っています(気分次第ではありますが)。

 

というのも、小さい頃に食玩のプレイヒーローやら800円時代の怪獣ソフビを買ってもらっていたものと、ここ数年中古や新品で買い集めたものを改めて見てみたらなぜかウルトラマンの登場怪獣がそれなりに集まってたんです。

 

2代目バルタン、ザラガスゼットンレッドキングケムラーネロンガ等々ちょくちょくいる。じゃあ集めるかと500円シリーズでここに追加したのを加えると意外といい数。そんな中でマイナー枠だと自分でも思う物で、中古でもそんなに見なさそうな奴がいます。

 

それが彼。

f:id:gainabeats:20190312220801j:plain

「油獣ペスター」です。

個人的には、ウルトラマンの中でも結構地味な印象のエピソードに登場する、特にウルトラマンと戦った訳でもないこの怪獣。いや地味っちゃ地味だけど、このペスターの回はどこかサンダーバード的な災害&人災系のエピソードな上に、科特隊の活躍をメインに見せてくれる回でもあるので良い回なんですけども。

 

このペスターのソフビ。ご覧の通りかなり塗りが細かいし造形に力も入ってます。体の横に入ってる黄色いライン、口の中、歯、目も塗られています。なぜここまで気合たっぷりなのか。

 

f:id:gainabeats:20190312220820j:plain

後ろも茶色のみかと思いきや黄色でうっすらと塗装が。手間がかかってます。

 

f:id:gainabeats:20190312220839j:plain

そんなペスターの可動はこの顔の回転のみ。地味!

 

このペスターは中古で買ったものではなく、小さい頃に買ってもらったものです。なんてマニアックなチョイス。多分、選んだ理由としては人が二人入ってるこのデザインを売り場で見て、大きくてお得な気がしたんだと思います。でも実際は他の商品より小さめなんですよね。確か同じシリーズのタッコングも小さかった記憶が。

 

ネットを駆使したり遠征したりして怪獣ソフビ集めをしてる訳じゃないので、こういうマイナー枠は今手に入れるのは難しそうですし、現行のシリーズではまずラインナップ入りしなさそう。持っててよかったです。ナイスセンス小さい頃の自分。

食玩FWヘドラを見分ける

せっかくデジカメがあるのだから使っていこうじゃないかという事で、写真を使った記事を。今回は食玩で販売されたファイナルウォーズ版ヘドラのソフビについて、その違いを書いていきます。

 

まず、FW版ヘドラは2バージョン存在します。初版はゴジラファイナルウォーズ公開当時発売されたヘドラ。次に一昨年発売されたゴジラ真撃大全にラインナップされたヘドラ

 

f:id:gainabeats:20190309132052j:plain

これが04年に発売されたヘドラ。全部で5パーツから成り立っていて、可動部は肩と尻尾の回転のみ。頭部の上下だけが接着されています。

 

f:id:gainabeats:20190309132126j:plain

そしてこれが真撃大全のヘドラ。形は同じですが、お腹の部分に銀色の塗装がされているのがわかります。細かく見ると右目の下部分と頭頂部にも。現物はそこまで目立たないですが、写真だとそこが際立っていますね。

 

f:id:gainabeats:20190309132232j:plain

2体を並べて。左がFW公開当時のもの。右が真撃大全。メタリックのピンクが塗られているところは大して変わっていないようなので、真撃大全版の方が塗装箇所が増えています。ちょっと豪華。

 

ちなみに成形色も少し違っていて。FW公開当時のものは少し緑に近い黒。真撃大全はマット調の黒です。こうした微妙な違いが2つの区別をつけるポイントとなっています。

 

加えて、足裏の刻印はどちらも同じです。つまり金型は同じ。ですが真撃大全版は尻尾の付け根の方にも印刷される形でTOHOと社名が入っています。

 

 

という事で以上、食玩ヘドラの見分け方でした。

リュウソウジャーから考える戦隊とは何かについて

新番組「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の放送がどんどん迫ってくる今日この頃。マジでDXキシリュウオーが欲しい。

 

そんなリュウソウジャー。発表直後からキョウリュウジャーに似た要素が多い事が一部のファンから指摘されていました。しかし、それは本当にただ似ているだけなのか。もしかしたら意味があるんじゃなかろうかと考察してみたので今回はそれを記事にしたいと思います。

 

1:改良版の変身アイテム

まずキョウリュウリュウソウに共通する要素のコレクション系のアイテムと変身時の音楽。これ、スーパー戦隊シリーズの常識である「一部例外はあれど、全ての作品がつながっている」という事実を考えれば簡単に説明がつくと思うんです。

 

つまり、似てるのではなく同じ。恐竜系戦隊の系譜がきちんとあって、キョウリュウリュウソウはそれが目立つだけなんだと思います。

 

元を辿れば古代よりヤマト族の時代から、生物と機械が融合した古代生物達は守護獣として存在しており、人と密接な関係にありました。それ以前の恐竜の時代から既に、別時空では独自に進化した恐竜の「爆竜」がいましたし、トリンが「獣電竜」を生み出していた訳で。同じ時代、別の場所で、同時多発的に生物と機械が融合した古代生物達が誕生していたわけです。

 

そんな中でも最後端なのが恐らくリュウソウの騎士竜ではないでしょうか。多分、起源は獣電竜。騎士がモチーフとなると、西洋なのでパラサガンやアンキドンがいる筈。となるとその2体を起源に、独自に古代生物を獣電竜を元に人間に適合するように作られたのが騎士竜であると推測できます。

 

爆竜や獣電竜の時代からかなり後になっての派生ですが、キョウリュウジャーが世代を交代したり、スピリットレンジャーがいたりして存続し現代に至った事を考えると中世で派生するのもあながち不思議では無いかも。

 

リュウソウチェンジャーの音楽はガブリボルバーを元に。獣電池はリュウソウルに形を変えて扱いやすく。そうして生まれたのがリュウソウジャーのアイテムだとすると、リュウソウルの「装填」の動作や、闘志を奮い立たせる音楽は引き継がれて当然なのではないでしょうか。

 

ワッセイワッセイという音楽はかなり日本風ですが、多分これにはキョウリュウゴールドとプテラゴードンが日本にいた事が原因のようにも思えます。誕生して間もないリュウソウジャーの力がなんらかの形で西洋より伝来し、日本で定着。世代交代の過程で日本風にアレンジされたのが現代のリュウソウチェンジャーの変身音だと考えられます。

 

色も例外ではありません。獣電池がリュウソウルの祖先なんだから、キョウリュウジャーにある色が元になる。なら自然とリュウソウジャーも色が同じになります。獣電池の特殊効果ももちろん引き継ぎ。ツヨソウル、ノビソウル、オモソウルと、名前に獣電池のようなわかりずらさも無くなって使いやすくなってます。改良されてるんです。更にリュウソウジャーがすごいのは、変身に使うリュウソウチェンジャー。これ完璧にアバレブレスですよね。恐らく最古に近いアバレンジャーの技術までもが受け継がれている。

 

2:生物+機械の恐竜達について

となるとティラミーゴがキシリュウオーにおいて締める割合が大きいのも納得。キョウリュウジンにおけるガブティラもそうでしたが、恐らく爆竜ティラノサウルスやカルノリュータスが起源では。変形パターンも似てますし。

 

加えて騎士竜に哺乳類に近い形のものがいたり、実在しない恐竜がいたりと、ジュウレンジャーに近い要素もあります。どういう形であれ、きちんと受け継がれてるわけです。

 

3:魔法じみた力

獣電池もリュウソウルも特殊効果を持つものは、魔法じみた力を持っているものが多いように思います。この影響が恐らくマジレンジャーに出ているかなと。獣電池やリュウソウルの力を人工的に再現したものか、それ以上の力を狙ったものか。キョウリュウリュウソウ同様にマジレンジャーも日本に渡ってますし、だからマジドラゴンが後にドラゴマルに受け継がれてるわけで。

 

4:まとめ

これ以上書いていくとキリがなくなりそうなのでここでやめますが、いずれにせよ今までの戦隊は全て繋がっているから共通の要素や似ている部分があると考えます。

 

ルパンコレクションは見方を変えればプレシャスとも言えますし、ギャングラーだってネガティブシンジケートと言ってもいい。チェンジマンのアースフォースとギンガマンのアースの力だって、出力の仕方が違うだけで起源は同じでしょう。マジレンジャーの魔法の力を日本風に変えたのがシンケンジャーのショドウフォンと考えられなくもない。

 

リュウソウ、キョウリュウマジレン、シンケンと、海外と貿易が行われるようになった日本の中世の時代に、日本における戦隊の基礎というか技術の基盤ができていったように思います。そんな感じで歴史とリンクさせて考えると尚の事面白い。

 

考えれば考えるほど意外な繋がりが見えてくる戦隊。こじつけかもしれませんが、ここまでいくと逆に楽しい。半世紀近い年月をかけて紡がれた壮大なサーガ。考察が捗ります。リュウソウジャーは特に明確に繋がりが見えるので尚の事。放送開始を楽しみに待とうと思います。

仮面ライダージオウ考察:夢の話をしよう

常盤ソウゴには不思議な力がある。予知夢を見ることができる力だ。仮面ライダーキカイ編がスタートし、シノビの時と同様にソウゴは夢の中で未来のライダーに出会った。

 

この予知夢を踏まえ、「夢の話」とソウゴについて考えたい。

 

ダイマジーンが起動し、逢魔の日が始まる。逃げ惑う人々を見ながら絶望する幼いソウゴに、一人の男が語りかける。将来、魔王となり世界を救えとソウゴに言った。

 

この夢の内容。これを予知夢とすると何か妙な事がわかってくる。

 

まず、ソウゴの年齢。そもそも、逢魔の日とはジオウが魔王として世界に君臨する魔王誕生の日である。ソウゴが魔王になるとして、おそらく年齢は17か18ぐらいだろう。では夢の中で男に語りかけられたソウゴはどうだろう。とても幼い。というか幼すぎる。それ以前に魔王になる存在が何故逢魔の日の大破壊の中心にいないのだろう。

 

キカイやシノビの時、覇道の半ばであったソウゴは夢の中でも年齢は変わらない。だとしたらオーマジオウに向けての覇道が始まってもいない幼い頃に何故ソウゴは逢魔の日の夢を見たのだろう。そもそもキカイやシノビの時のように本当に「夢」なのか?もし夢じゃ無いとしたら、今ジオウに変身している「彼」は一体何者なのだろう。

 

こうなってくると気持ちが悪い。更に妙な点。キービジュアル等でよく見るあのポーズについてだ。人差し指と親指を立て、時計の長針と短針を現した手を掲げるポーズ。何故、劇中であのポーズを殆ど使わないのだろう。あのポーズをとっているジオウは一体誰が変身しているのか。

 

初変身の時にもおかしな点があった。ウォズがベルトを差し出して言った言葉。

 

「使い方はご存知の筈」

 

どういう意味だろう。「初変身」なのに何故知っている前提なのだろう。誕生の瞬間なのはウォズ自身も知っているのに何故そんなことをわざわざ言うのか。第1話で初変身したソウゴはウォズにとって何人目のソウゴだったのだろう。

 

仮面ライダージオウ自体、タイムパラドックスが成立しない部分や妙な辻褄合わせのような部分が多く存在する。ソウゴの存在すらもその中の一つのように思えてならない。今覇道を歩むソウゴは本当にソウゴなのだろうか。

シンカリオンのDVDBOXを買いました

タイトルの通りです。愛してやまないシンカリオンのDVDをついに買いました。ブルーレイは流石に手が出ないのでDVDで。というわけで今回の記事ではDVDの感想を書いていきたいと思います。

 

現在の57話に至るまで毎回欠かさずに見ているシンカリオン。じゃあDVDの感想って何?って事になりますが、いやいやこれが凄いの何の。


まず、既に一回見てるのに感動できる。この凄さに改めて気づかされました。録画を見直す時も感動するんですが、DVDになるとCMが無い分本編のテンポが損なわれないので、そこがさらに引き立ってくる。2話に至っては放送当時、録画を3話の放送までの一週間の間で6~7回近く見直したのにやっぱり感動と興奮が。


脚本の巧さ、躍動するCG、どこまでも可愛い登場人物。どれを取っても子供向けアニメとしてとてもレベルが高いです。鑑賞中の満足感は何者にも変えられない、シンカリオンでしか味わえない体験だと思います。

 

 

そして何よりここからが、恐ろしさすら感じるシンカリオンの魅力。


「懐かしくない」


これが本当に恐ろしい。どういうことかと言うと、アキタが初めてE6に搭乗した4話とツラヌキのデビュー戦の6話、どちらも見ていて懐かしさを感じませんでした。


「あー、あったあったこういうの。」ではなく、「この頃は喋り方や態度がキツイ時で今と比べると緊張感がある。」と分析できてしまうんです。つまり最新話と比較して登場人物の心境や関係性の変化を理解することができる。これってよく考えると凄いことだと思います。

 

ここ数ヶ月の回で何かしら描写にズレや歪みが生じているとこの感覚は味わえない筈。全て「懐かしい」の一言で済ませられるものになってしまっているでしょう。しかしそれが無い。


4話や6話の先の展開、要は「未来」を知っているからこそ、シンカリオンの運転士とその家族、超進化研究所の職員、キトラルザスのエージェントに57話までのバイオグラフィーができている。そのバイオグラフィーをDVDを使って遡ってもう一度体験する感覚を味わえるこの感じ。それは、今に至るまで登場人物の描写や、作品の軸がブレていない事の証明のような気がするんです。

 


作り手のこだわりや信念がしっかりと見えるこの感動。子供だましでは無い、本当に良いものを作ろうとしている姿勢が感じられる作品であると再認識させてくれる良い機会を、今回購入したDVDBOXでさせてもらいました。買ってよかった。本当に。今後のBOXも欲しいと思える体験ができました。

気の休まる暇など無い

さて、ルパパトがもう最終回ですね。実はノエルが登場したあたりで見るのをやめていて、シンカリオンに首ったけだったんでそんなに後半は見てないんですが。

 

で、スペシャルが4回に分けて放送された後、放送スタート予定なのが新番組「騎士龍戦隊リュウソウジャー」。これの期待が先日公開されたスペシャル動画でMAX値に達し、3月発売予定のDXキシリュウオーが楽しみで仕方ない始末。めっちゃかっこいい。多分番組の内容と今後登場予定の騎士龍のデザイン次第では2号ロボ、3号ロボと集めそうな予感。キュウレンジャー 並みにハマることになるのか...!?

 

 

ゾイドはようやくデスレックスの在庫が安定しそうな予感。ヨドバシでは在庫復活してますし、Amazonでは4月再入荷分の予約ができるようになってますね。今後もディメパルサーが控えてますし、まだキット化されてないものもあるしこれからも増えていきそうですね。取り敢えずの目標はデスレックスとキャタルガとして、後は様子見の予定です(置き場的に)。

 

 

そしてヤバいのがシンカリオン。何なんでしょうかこのアニメとおもちゃは。2年目の決定、キトラルザス決着編突入。そして本日開催されたイベントにて「シンカリオンE5はやぶさMK-Ⅱ」が公開。2年目に合わせてメインの登場人物の私服も一新!

 

ブルーレイやDVDも出てるわけで、思い切って私もDVDボックスの1を注文。ブルーレイは流石に財布にキツいのでDVDにしました。発売予定の2と3も買わねば...。しかし...この調子で続くとなるとDVDも4、5、6と出て行きそうな予感。2年目の新展開で新しいシンカリオンが出る事もあるでしょうし、DXSもラインナップを増やしていくことでしょう。なかなか財布的に大変そうです。ただ、おもちゃもDVDも、買わなきゃ一生後悔する予感しかしないんだよなぁ。

 

スーパー戦隊ゾイドシンカリオン。この3つで埋め尽くされそうな今年。収支を考えつつ、楽しいと思える範囲内で物を集めていこうと思います。

 

仮面ライダージオウ考察:クイズの事

今週のジオウでちょっと腑に落ちない解説が公式HPに載ってたのでその事を。

 

「クイズとアナザークイズがなぜ同じ時間に居られたのか問題」

 

白ウォズはクイズ本人を2040年から2019年に連れてきた。ここでオーラがアナザークイズを2019年に生成。本来ならクイズは消えるがクイズが存在しない未来の場合、そもそも白ウォズはクイズを連れてこない。

 

というのが公式の説明。しかし矛盾がある。2040年から2019年に両親の真実の答えを知りにきた主水の事を踏まえて、ジオウの19話と20話は誰の物語だったのかについて考えつつ、白ウォズの目的についても考えてみる。

 

ディケイドはレジェンドライダーの世界に自分が介入して自分の物語を作ろうとしていた。だが、あくまでディケイドは訪れた先のレジェンド世界ではイレギュラーもしくはゲスト扱いで主役ではない。つまりディケイドに物語は無い。

 

だがジオウは違う。ジオウの世界があって、ジオウに至るまでに消えていったレジェンドライダーの物語がある。これは未来も同じ。ディケイドとは逆でジオウは自分の物語にレジェンドをゲストとして介入させる。つまりジオウの物語はレジェンドの物語としても機能するようにできている。過去のライダーの場合、ジオウの道半ばの覇道にはレジェンドの完全な続編が混ざり込む(レジェンドたちが選択しなかった未来ではあるが)。

 

これを踏まえてクイズ編を考えたい。まず、ジオウ19話、20話の二つは前述のジオウの仕組みを考えると、これはジオウの物語でもありクイズの物語でもある。という事はクイズの続編、もしくはクイズ本編の中の特別編であるはずだ(戦隊とライダーのコラボ回的な)。そして、誰もクイズが最終回を迎えたとは言っていないしそんな描写は無い(2041年がある以上完結はしているだろうが)。更に白ウォズは、今までのタイムジャッカーのように、レジェンドと同じく物語が完結する前かかなり前半で主水を19年に連れてきた可能性が高い(物語のテーマと思われる両親の真実を知らないため)。

 

こうなると公式の説明がつかない。クイズが19年に訪れ、アナザークイズが生まれる。2019年に既にクイズがアナザーではあれ存在しているので2040年にはクイズが生まれなくなる筈だ(つまり仮面ライダークイズの放送スタートが31年早まる)。この作用の原因は白ウォズの罠に嵌り、19年に誘導された主水の失態があるが、これも含めて続編であれ特別編であれクイズ本編の物語なので、今までのレジェンド同様消えないとおかしい。

 

しかし公式曰く、40年にクイズが居る事実は変わらないのでクイズは消えないらしい。

 

これでは何も繋がらない。

 

唯一繋げる方法があるとすれば、クイズが偽物だった可能性だろう。本物のクイズは主水ではない別の誰かで、クイズ自体も別物のデザインをしている。主水はクイズと名乗っていたが全て嘘。

 

こうした時間の改変をするなら、ジオウに似た力を持つ存在が必要になる。となれば2040年に行った事実が唯一存在する白ウォズだ。白ウォズがクイズを捏造し、でっち上げの物語を作り上げたのが19、20話のクイズ編だとすれば納得がいきそうな気がする。現にクイズのベルトも、シノビのベルトもジクウドライバーの改造品だ。

 

ゲイツツクヨミが2019年にいる矛盾として「そもそも救世主ゲイツリバイブがオーマジオウを倒すのなら世界は破滅しないのだから二人とも現代にいないだろ」というのがあるが、これにも説明がつく。

 

結局、2064年の世界は平和になっていないのだ。そして白ウォズも平和な未来から来てなどいない。オーマジオウの誕生かゲイツを新たな魔王とするべく送り込まれた斥候のようなものだろう。白ウォズはゲイツリバイブを完成させるために、それっぽく言うなればイミテーションライダーを作り上げ、ジオウの対抗馬とする。ジオウとゲイツを競わせる事でより強い力を持った魔王候補が生まれる。誰にも倒せない無敵の存在により近づける。世界が破滅しない未来となるリスクが下がったというわけだ。

 

これらのことから、クイズ編は全てが白ウォズによって仕組まれた事であり、シノビ編も含めて全てが捏造だと考える。ゲイツが言っていたようにジオウ以降ライダーが誕生していない事実はゲイツが現代にいる時点で変わらない。今後の展開でどうなるかはわからないが、とりあえず「白ウォズ、未来から来ていない上に全く別の悪玉説」を推していきたい。