語り場ガイナビーツ

色々と思った事とか、感動した事を興奮気味に書いていく。そんな場所です。

明けて結構経ちましたが

2019年スタートしました。明けましておめでとうございます。2019年もあと355日ぐらいですね。そんな2019年初の更新は昨年の12月あたりからの事について書いていきます(?)。

 

まずはシンカリオン

どちらかというと大人が喜んだニュース、シンカリオンTVアニメ放送継続決定!うまい脚本、演出で毎回魅せるシンカリオンが人気に後押しされ継続です。ようやくDVDとBlu-rayの発売も決まり、1月末には1巻が発売されます。めでたい!

 

しかしこうなると、そろそろシンカリオンの車両がネタ切れしたりしてこないのか心配。せっかく続投が決まっても、2月までの展開は発売中のE3アイアンウイング、ブラックシンカリオン紅とリカラー商品が二連続。流石にタカラトミーも2年目は見越してなかったような印象。シリーズ最大のドクターイエローが明らかに最終商品な印象がありましたし、これからどうなるんでしょう。E4とか500ハローキティとかチェンジさせるんだろうか。何が出ても欲しいけど。

 

 

次はゾイドワイルド。

自分から自分へのクリスマスプレゼントとして贈ったステゴゼーゲ。これがまぁかっこいいの何の。異常なまでにかっこいい。何だこれは。

f:id:gainabeats:20190109204941j:image

重量感、サイズ、デザイン、歩行。元々ゾイドワイルドのシリーズ自体かっこいい物が多いのにこれはまた輪をかけて良い。シリーズ中では意外と珍しい暗い色合い。ワイルドの雰囲気が苦手で、ミリタリーテイストのゾイドが欲しい人だったらこれがベストかも。武器をつけて改造すると更に良くなりそうな予感。

 

そんなゾイドワイルド。あの田口清隆監督がPVを撮ったのも衝撃でした。ミリタリーテイストを前面に押し出し、改造したキットを使用して撮影された3分ほどのムービー。これがすごい。新世代のバトストと言っても過言ではない物が出てきましたね。しかもメイキングまで公開してしまう太っ腹なタカラトミー。儲かってんのか、サービス精神が豊かなのか、愛の為せる技なのか(おそらく後者の2つだと思いますが。)

 

で、これを見てみると、実は大規模な改造はほとんどしてなくて、スクラッチの砲塔やミリタリーモデルの流用なんかがほとんど。デザインはほぼ変えていないという。ここで気づいたのは、やはり「色」だなと。ガノンタスはオリーブドラブ、トリケラドゴスはベージュ系。ワイルドライガーはほぼグレー。色を暗くてミリタリーモデルによく使う色(というよりは先代のゾイドに近い色合い)に変えるだけでこんなに渋くなるんだなと。おもちゃっぽい色を無くすだけでこんなに重厚になるんだなと気づかせてくれたムービーでした。そしてゾイド改造欲がメラメラと。

 

おもちゃがこれまた好調な印象。企画立ち上げの大成功から勢いがあんまり落ちてない感じに見えます。まぁデスレックスがすげぇすげぇ。2月に再出荷あるっぽいのでそれを待ちます。キャタルガも結構人気ですね。グラキオサウルスを牽引できるとか訳わからん事言ってるのでこれはデスレックス共々買わねばなと思ってます(ハンターウルフはもう買った!)

 

 

で、スーパー戦隊

ルパパト 。ノエル登場以降数回見ただけで見てないです。どっちかといえば次のリュウソウジャーに期待大。王道に回帰しそうな予感。ロボットに期待してます。だいぶ気合い入ってるみたいなので。番組の内容によってはリュウソウチェンジャー買っちゃいそう。

 

 

という事で、恐らく今年もタカラトミーの年になりそうです。実際ゾイドシンカリオンも最高だし。ここ数年のタカラトミー快進撃、今年もその勢いは止まらないのか、それともバンダイが盛り返せるのか。他のメーカーに起きている謎のプラモデルブームも含めて、2019年もおもちゃ、ホビー業界は目が離せない!