語り場ガイナビーツ

色々と思った事とか、感動した事を興奮気味に書いていく。そんな場所です。

地味だけどいい怪獣

円谷プロウルトラシリーズはもっぱら1作目のウルトラマンが大好きな私。

 

新商品もしくは中古で怪獣ソフビで何かいいのがあると集めているのですが、ウルトラマンの登場怪獣を見つけたらできれば買っておこうと思っています(気分次第ではありますが)。

 

というのも、小さい頃に食玩のプレイヒーローやら800円時代の怪獣ソフビを買ってもらっていたものと、ここ数年中古や新品で買い集めたものを改めて見てみたらなぜかウルトラマンの登場怪獣がそれなりに集まってたんです。

 

2代目バルタン、ザラガスゼットンレッドキングケムラーネロンガ等々ちょくちょくいる。じゃあ集めるかと500円シリーズでここに追加したのを加えると意外といい数。そんな中でマイナー枠だと自分でも思う物で、中古でもそんなに見なさそうな奴がいます。

 

それが彼。

f:id:gainabeats:20190312220801j:plain

「油獣ペスター」です。

個人的には、ウルトラマンの中でも結構地味な印象のエピソードに登場する、特にウルトラマンと戦った訳でもないこの怪獣。いや地味っちゃ地味だけど、このペスターの回はどこかサンダーバード的な災害&人災系のエピソードな上に、科特隊の活躍をメインに見せてくれる回でもあるので良い回なんですけども。

 

このペスターのソフビ。ご覧の通りかなり塗りが細かいし造形に力も入ってます。体の横に入ってる黄色いライン、口の中、歯、目も塗られています。なぜここまで気合たっぷりなのか。

 

f:id:gainabeats:20190312220820j:plain

後ろも茶色のみかと思いきや黄色でうっすらと塗装が。手間がかかってます。

 

f:id:gainabeats:20190312220839j:plain

そんなペスターの可動はこの顔の回転のみ。地味!

 

このペスターは中古で買ったものではなく、小さい頃に買ってもらったものです。なんてマニアックなチョイス。多分、選んだ理由としては人が二人入ってるこのデザインを売り場で見て、大きくてお得な気がしたんだと思います。でも実際は他の商品より小さめなんですよね。確か同じシリーズのタッコングも小さかった記憶が。

 

ネットを駆使したり遠征したりして怪獣ソフビ集めをしてる訳じゃないので、こういうマイナー枠は今手に入れるのは難しそうですし、現行のシリーズではまずラインナップ入りしなさそう。持っててよかったです。ナイスセンス小さい頃の自分。